ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年11月23日

新嘗祭

本日23日は、新嘗祭です。

新嘗祭は、天皇陛下がその年に収穫された新穀などを天神地祇(てんじんちぎ)に供えられて感謝の奉告を行われ、これらの供え物を神様からの賜りものとして天皇陛下御自らも食される祭事です。

祭事は、宮中三殿の近くにある神嘉殿にて執り行われますが、同日には全国の神社でも行われます。

多くの祭事の中でも、最も重要なお祭りであります。

因みに、天皇陛下が即位の礼の後に初めて行なわれる新嘗祭を、大嘗祭(だいじょうさい)と申します。

また、京都の神社の多くでは、同時にお火焚祭を斎行いたしますので、「お火焚き」と呼んでいるところも多くあります。

京都大神宮でも本日、午後5時より新嘗祭を斎行いたします。

なお、新型コロナウィルスの感染拡大のため、祭事は、神職のみにて斎行いたしますが、お火焚きは、境内にて行いますので、ご覧いただけます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
11月の限定の書置きの朱印「新嘗祭」と「霜月 秋景色」11-1-R4.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg新しい巫女印の祈念朱印10-15-R4.jpg巫女の授与品10-15-R4.jpg御朱印帳10-15-R4.jpg11月の季節印「紅葉」11-1-R4.jpg11月ミニの限定の書置きの朱印「秋模様」と「秋」11-1-R4.jpg
posted by miya at 03:49| Comment(0) | 神主からの言葉

寿命と事故

ある神職の方から教えて頂きました。

あたしたちはこの世にやって来る前に神様とこの世での課題や寿命を神様と相談して決めているのだそうです。

さすれば、辛いことがあっても、自殺などにより、この世にいる期間を自分でわざわざ短くする必要はないそうです。

自分で決めた課題を自分で実行するために必要な時間が寿命だそうです。

辛いことがあってもそれはより大きな幸せのためのことであることが多く、その幸せを味合わないのは損だそうです。

なお、人は事故や病気でなくなるのではなく、もって生まれた寿命で亡くなるのが真実だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
11月ミニの限定の書置きの朱印「秋模様」と「秋」11-1-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg新しい巫女印の祈念朱印10-15-R4.jpg御朱印帳10-15-R4.jpg11月の季節印「紅葉」11-1-R4.jpg
posted by miya at 03:46| Comment(0) | 神主からの言葉

全ての困難はこの世だけ

ある神職の方から教えて頂きました。

あたしたちの本体は魂で、その魂は決して死なない生き通しのものであります。

あたしたちの故郷は神様の世界で、あたしたちは、この世には、御霊磨きにやってきているのであり、この世でのお役目、為すべきことを果たしたのちには、この世を卒業してあの世に戻る存在です。

この世にやってきている理由は、あの世は物質の世界ではないため、全てが苦労なく進むので、効率的な魂磨きが出来ないので、霊的進化をするために、この世にやって来ているそうです。

さすれば、この世とは、希望を叶えるのに時間がかかるので、困難はつきものなのだそうです。

逆に申しますと、全ての困難はこの世だけということを認識することが肝要だそうです。

しかし、面白いもので、何事もスムーズに進みますと達成感がありません。

達成感はこの世での大きな快楽の一つだそうです。

さすれば、困難に直面した時には、一つこれを楽しんで、大いなる達成感を味合おうとの想いで前向きに取り組むのが肝要だそうです。

あたしたちが前向きに取り組みますと、それは神様のなさり様ですから、神様の智慧も受けやすく、さすれば、大難を小難に変えることも可能だそうです。

何事も前向きに、肯定的にだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
11月の季節印「紅葉」11-1-R4.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg新しい巫女印の祈念朱印10-15-R4.jpg巫女の授与品10-15-R4.jpg御朱印帳10-15-R4.jpg
posted by miya at 03:40| Comment(0) | 神主からの言葉

2022年11月22日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉