ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2023年01月05日

なくしたものより今あるものに感謝する

ある神職の方から教えて頂きました。

あたしたちは往々にしてなくしたものへの執着が強く、さすれば自分を不幸者に仕上げてしまうようです。

しかし、あたしたちが重きを置くべきはなくしたものより今あるものであり、今あるものへの感謝が何より肝要だそうです。

右手が痛ければ、いたくない左手を喜ぶべきであり、近視になったら、眼鏡で見える喜びを感じるべきですし、入試に落っこちたら、再度挑戦できる可能性に感謝すべきだそうです。

左様に今あるものを大切にしますと、可能性が広がり、それは自分自身の可能性を広げるのだそうです。

同時に意識すべきことは、これまで悪しきことがありましても未来の心配事の9割は実現しないという大きな事実だそうです。

神様は常にあたしたちの味方だそうです。

それを意識することが何より肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
新春限定の書置き朱印「開運朱印」12-30-R4.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg新しい巫女印の祈念朱印10-15-R4.jpg巫女の授与品10-15-R4.jpg御朱印帳10-15-R4.jpg一月の季節印「うさぎ」12-30-R4.jpg新年限定ミニの書置きの朱印12-30-R4.jpg新年限定の書置きの朱印「初詣」と「新春」12-30-R4.jpg干支「卯」のしおり12-31-R4.jpg限定書置きの干支巫女朱印12-30-R4.jpg
posted by miya at 01:34| Comment(0) | 神主からの言葉

小さな幸せ

ある神職の方から教えて頂きました。

あたしたちが幸せになる要諦は、あたしたちが幸せであるという認識から始まるそうです。

あたしたちが幸せであるというとき、それは、望みの学校に合格したとか、好きな人と結婚できたとか、などを考えがちですが、実は毎日、毎時間、あたしたちは幸せに囲まれているのだそうです。

それは、夜でも昼間の様に生活が出来る証明がある、蛇口からいつでも飲むことのできる水が出る、さらに言えば、呼吸が出来る空気がある、などなど。

実はすべては奇跡の連続であり、奇跡の塊であります。

それを意識し、小さな幸せを感じることが肝要だそうです。

小さな幸せは、大きなものと比べると見劣りするかもしれませんが、小さな幸せの集積は、大きな幸せをも凌駕するのだそうです。

そして、そうした小さな幸せこそ、神様があたしたちのために四六時中準備くださっているものだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
新年限定の書置きの朱印「初詣」と「新春」12-30-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg御朱印帳10-15-R4.jpg一粒万倍 1-1-R5.jpg干支「卯」のしおり12-31-R4.jpg一月の季節印「うさぎ」12-30-R4.jpg新年限定ミニの書置きの朱印12-30-R4.jpg
posted by miya at 01:31| Comment(0) | 神主からの言葉

清祓

清祓(きよはらへ)に付きましてお問い合わせを頂いております。

お住いや仕事場を定期的に掃除なさるように、お祓いをなさるのも肝要です。

お祓いと申しましても、窓を開け放ち、入り口などに塩や御神酒を左・右・左と撒かれて、「祓へ給へ・浄め給へ」と唱えられたらよろしゅうございます。

また、同時に神棚に向かって大祓詞を奏上なさるのもよろしゅうございます。

しかし、気分がすぐれない時や丁寧になさりたいときには、神職による出張祭を頼まれるのがよろしゅうございます。

またお住まいや仕事場と同様、人間も祓い清めるのがよろしゅうございます。

入浴の時に、湯船に荒塩や御神酒を入れてはいられる、あるいは、風呂から出られる前に荒塩を身体に振りかけて、「祓へ給へ・浄め給へ」ととなえられるのもよろしゅうございます。

しかし、丁寧になさりたいときや、気分がすぐれない時が続くようでしたら、やはり、神社で清祓の御祈祷をお受けになられるのが肝要です。

これまで、ご祈祷を受けられたのち、とても気持ちがすっきりしたという方が多くおられます。

また、お住まいや仕事場の清祓の後、不運が去り幸運がやってきたとおっしゃる方もたくさん存じ上げております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
一月の季節印「うさぎ」12-30-R4.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg巫女の授与品10-15-R4.jpg御朱印帳10-15-R4.jpg一粒万倍 1-1-R5.jpg干支「卯」のしおり12-31-R4.jpg新年限定ミニの書置きの朱印12-30-R4.jpg
posted by miya at 01:27| Comment(0) | 神主からの言葉

2023年01月04日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉