ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2023年01月07日

声の不思議

あたしたちの声とは摩訶不思議なのだそうです。

元々、あたしたちの身体に声を発するための器官はないのだそうです。

あったものをうまく組み合わせて声を出し、その音の大きさや声色を作り出しているのだそうです。

しかも子供は視覚の前に、胎児の状態で声を聴き分け、周辺の声を学んでいるのだそうです。

また、あたしたちは声によりましてその声の主をある程度判断しております。

多くの宗教にとりましても声は重要です。

神道における祝詞しかり、声により、神様とのコミュニケーションを図ります。

さすれば、あたしたちは、改めて声の重要性を認識し、良き声、良き声の使い方、そしてその声によって発する言葉を大切にすべきのようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
新春限定の書置き朱印「開運朱印」12-30-R4.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg新しい巫女印の祈念朱印10-15-R4.jpg巫女の授与品10-15-R4.jpg御朱印帳10-15-R4.jpg一粒万倍 1-1-R5.jpg干支「卯」のしおり12-31-R4.jpg一月の季節印「うさぎ」12-30-R4.jpg新年限定ミニの書置きの朱印12-30-R4.jpg新年限定の書置きの朱印「初詣」と「新春」12-30-R4.jpg限定書置きの干支巫女朱印12-30-R4.jpg
posted by miya at 01:09| Comment(0) | 神主からの言葉

一度悪くなるようです

ある神職の方から教えて頂きました。

神社で病気退散などの御祈祷をお受けなさった後、逆に容態が悪くなった経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

せっかくご祈祷を受けたのに容態が悪くなっては、どうしたことかと思われる方も多いと存じますが、これには理由があるそうです。

病気退散などの御祈祷をお受けなさると、神様はその希望をかなえようと、身体にたまった悪しきものを出し切ろうとなさるのだそうです。

そのため、一度容態が悪くなるのですが、悪しきものが出てしまいますと、今度は加速度的に回復に向かうのだそうです。

さすれば、一度容態が悪くなっても、心配せず、恐れず、神様にお願いしたのだから任せきって安心と想われるのが肝要です。

一度容態が悪くなった時に神様への信頼をなくされると神様はその願いを叶えなくてもよくなったのかと錯覚なさる由。

悪くなったら全快はもうすぐと安心しきって神様に任されるのが良いそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
新年限定の書置きの朱印「初詣」と「新春」12-30-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg巫女の授与品10-15-R4.jpg御朱印帳10-15-R4.jpg干支「卯」のしおり12-31-R4.jpg一粒万倍 1-1-R5.jpg一月の季節印「うさぎ」12-30-R4.jpg
posted by miya at 01:05| Comment(0) | 神主からの言葉

1月7日

本日、一月七日は七草の日です。

春の七草を入れたおかゆを食べ、無病息災を願います。

この日、実は端午の節句と並ぶ「五節句」の一つであり、年を新たにしてから初めて迎える節句であります。

平安時代、初子(はつね、新年最初の子の日)に、野に出て若松を引いたり若菜を摘んだりして遊ぶ貴族の風習と、7種あるいは12種の若菜を天皇陛下に供する「供若菜(わかなをくうず)の儀」が、宮中で七草を食べる行事となり、七草の風習の原型となったともいわれているそうです。

七草粥は胃にも優しいと申します。

年末から年始の忙しさで疲れた胃を労わる意味もありそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
一月の季節印「うさぎ」12-30-R4.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg新しい巫女印の祈念朱印10-15-R4.jpg御朱印帳10-15-R4.jpg一粒万倍 1-1-R5.jpg干支「卯」のしおり12-31-R4.jpg新年限定ミニの書置きの朱印12-30-R4.jpg
posted by miya at 01:02| Comment(0) | 神主からの言葉

2023年01月06日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉