ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2023年01月08日

被害者意識ではなく当事者意識を持つ

ある神職の方から教えて頂きました。

現実には、あたしたちの意識が投影されている部分があるそうです。

つまり、あたしたちの心での想いが、現実に顕現するのだそうです。

さすれば、あたしたちの中に被害者意識が少しでもあるましたら、その意識を外すことが先決です。

それではどうすればよいかと申しますと、被害者意識ではなく、当事者意識を持つようにすれば良いのだそうです。

つまり、「やらされている」のではなく、「自分がやっている」と思えばよいのだそうです。

例えば、職場に不満や嫌悪を持っておられる方がおられます。

しかし、自分自身が変わらなければ、転職しても同じような環境を引き寄せるのだそうです。

一方、当事者意識を持って働いて、やることをやり切れば、その職場を卒業という形で辞めていく時が来るかもしれないそうです。

感謝をもって去ることが出来ますれば、次に出会う職場はもっと素晴らしいところになるようです。

逃げを打つのではなく、全ては自分、しかしさすれば、何とでもなると考えるのが良いそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
新春限定の書置き朱印「開運朱印」12-30-R4.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpgしおり11-7-H29.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg新しい巫女印の祈念朱印10-15-R4.jpg御朱印帳10-15-R4.jpg一粒万倍 1-1-R5.jpg干支「卯」のしおり12-31-R4.jpg一月の季節印「うさぎ」12-30-R4.jpg新年限定ミニの書置きの朱印12-30-R4.jpg新年限定の書置きの朱印「初詣」と「新春」12-30-R4.jpg
posted by miya at 01:14| Comment(0) | 神主からの言葉

1月の限定の書置きの朱印につきまして

1月の限定の書置きの朱印に付きまして、お問い合わせを頂いております。

毎月その月に因んだ限定の書置きの朱印を授与しておりますが、1月は、新年限定の書置きの朱印「初詣」と「新春」及び、新年限定ミニの書置きの朱印に加えまして、限定書置きの干支巫女朱印と新春限定の書置き朱印「開運朱印」を授与しておりますので、ご注意ください。

また、通常月末までの授与となりますが、今月に限り15日迄とさせて頂いております。

さらに、種類が多いため、それぞれの書置きの朱印の予定枚数が終了しますと、15日を待たずして終了させて頂くものもございますので、ご希望の方はご注意ください。

なお、一月の季節印は「うさぎ」ですが、こちらも15日までとなります。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
新年限定の書置きの朱印「初詣」と「新春」12-30-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg新しい巫女印の祈念朱印10-15-R4.jpg巫女の授与品10-15-R4.jpg御朱印帳10-15-R4.jpg一粒万倍 1-1-R5.jpg干支「卯」のしおり12-31-R4.jpg一月の季節印「うさぎ」12-30-R4.jpg新年限定ミニの書置きの朱印12-30-R4.jpg
posted by miya at 01:11| Comment(0) | 神主からの言葉

日本女性の声

科学者の研究によりますと、文化により声の高低が変わってくるのだそうです。

欧米では、大人の女性は意識的に低い声で話をするようにいたします。

それに対して、世界中の女性の中で最も高い声で話をするのは日本の女性であり、これは諸外国の研究でも注目されているのだそうです。

更に面白いのは、これは日本語だけではなく、例えばアメリカの女性が日本にある程度滞在なさるとその方が英語をしゃべられる時もその声が高くなっているのだそうです。

ご本人は気付かれないのだそうですが、アメリカに戻られた時、周辺の方から声が高くなっていることを指摘されることが多いそうです。

ところで、祝詞奏上の声ですが、祭式では、微音で、低めの声で丁寧に奏上すると教えられますが、どうも本来は、高い声で奏上していたようです。

確かにドラマなどで見ておりますとお公家様たちの会話は高い声でなされております。

あまり意識しない周辺のことを意識的見ると違った世界を発見できるようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
一月の季節印「うさぎ」12-30-R4.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg一粒万倍 1-1-R5.jpg新年限定ミニの書置きの朱印12-30-R4.jpg
posted by miya at 01:01| Comment(0) | 神主からの言葉

2023年01月07日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉