ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2023年01月11日

「あたしは正しい」は危険

あたしたちは、自分自身の人生経験から、「あたしは正しい」という立場をとりがちです。

しかし、それはあたしたち自身の経験から導き出された仮定であり、誰にとっても当てはまると考えるのは間違いです。

さらに「あたしは正しい」という立場を取ることの恐ろしいところは、その反動として、「あなたが悪い」と決めつけざるを得ないことです。

それは攻撃になり、争いに発展します。

サンプルは山ほどありますが、最も明らかなサンプルは国会中継だそうです。

さらに敷衍しますと、大人と子供との関係ではこれがさらに増幅されます。

経験を積んだ大人と、何も知らない子供という図式です。

これは、西欧で如実です。

子供は野蛮であり、それを大人が教育するという図式です。

しかし、日本では、従来子供は神様のもとからやってきたために純粋であり、さすれば大切に育てるという考えがありました。

この日本の素晴らしい考えに戻り、さらにそれから敷衍して、安易に「あたしは正しい」と考えないようにするのが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
新春限定の書置き朱印「開運朱印」12-30-R4.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg新しい巫女印の祈念朱印10-15-R4.jpg巫女の授与品10-15-R4.jpg御朱印帳10-15-R4.jpg一粒万倍 1-1-R5.jpg干支「卯」のしおり12-31-R4.jpg一月の季節印「うさぎ」12-30-R4.jpg新年限定ミニの書置きの朱印12-30-R4.jpg新年限定の書置きの朱印「初詣」と「新春」12-30-R4.jpg限定書置きの干支巫女朱印12-30-R4.jpg
posted by miya at 03:13| Comment(0) | 神主からの言葉

外界の嫌な人はあたしたちの心の中の住人

ある霊能者の方から面白い話を伺いました。

あたしたちは、周辺に嫌な人を見出します。

しかし、実は、あたしたち自身の心の中にその嫌な人の要素が潜んでいるのだそうです。

なぜかと申しますと、以前、その要素を「こうあってはいけない」と自分では気づかないうちに心の奥底に押し込んだのだそうです。

心理学的には、嫌悪感と申しますのは、自分の中にそういう要素がなければ感じることはないと、言われているそうです。

「こうあってはいけない」とようやく抑え込んで見えないようにしているものと同じものを誰かの中に発見するものですから、むくむくと嫌悪感が湧き上がってくるのだそうです。

さすればあたしたちのなすべきことは、自分の中にいる嫌悪感の元と向き合って、その支配から逃れるのが肝要だそうです。

あたしたちの心の中と、外界に起こることとの間には、説明することのできない何らかの関連があるそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
新年限定の書置きの朱印「初詣」と「新春」12-30-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gif巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg新しい巫女印の祈念朱印10-15-R4.jpg巫女の授与品10-15-R4.jpg一粒万倍 1-1-R5.jpg干支「卯」のしおり12-31-R4.jpg一月の季節印「うさぎ」12-30-R4.jpg新年限定ミニの書置きの朱印12-30-R4.jpg
posted by miya at 03:10| Comment(0) | 神主からの言葉

運命の大河

ある神職の方から教えて頂きました。

人々の思惑とは別に、どうも宇宙には、この世には、滔々と流れる運命の大河があり、それにうまく乗ればとてもスムーズに事が運ぶようですし、それに逆らうことをいたしますと、やることなすこと上手くいかず、不本意な現実が次々と押し寄せてきて、破綻に向かうといったようなことが起こるようです。

この運命の大河とは神様への道のことのようです。

面白いことは、神様はあたしたちを無理やり良き道に導いてくださることはできるものの、その判断の自由をあたしたちに与えてくださっているということだそうです。

つまり、神様の道を進むのも、運命の大河に抗うのもあたしたちの自由だそうです。

しかもどちらを選択してもそれは間違いではないのだそうです。

それぞれの道に学びがあるのだそうです。

ただ、意図せず、運命の大河に抗っている方は、毎日静謐な時間を取られて、神様と対話され、神様に神様の道を歩ませてくださいと祈念なさるのが肝要だそうです。

神様はあたしたちの望みに従って善き智慧を与えて下さるのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
一月の季節印「うさぎ」12-30-R4.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg新しい巫女印の祈念朱印10-15-R4.jpg巫女の授与品10-15-R4.jpg一粒万倍 1-1-R5.jpg干支「卯」のしおり12-31-R4.jpg新年限定ミニの書置きの朱印12-30-R4.jpg
posted by miya at 03:04| Comment(0) | 神主からの言葉

2023年01月10日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉