ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2023年01月14日

自分だけの時間を作る

ある神職の方から教えて頂きました。

この世に生きておりますと、自分一人では生きられませんから、必然的に周辺の環境や人々から影響を受けてしまいます。

それが自分の波長と合っているものであれば良いのですが、合わないものに身をさらし続けますと、大きなストレスを感じてしまいます。

一方的に正しさを押し付けられますと、心が闇に閉ざされます。

しかし、日々の生活では逃れられないことも多い様です。

そのために、自分だけの時間を作って、周辺の環境や人々から自分自身を隔絶することが肝要だそうです。

好きなコンサートに行く、映画館に行く、美術館などに行って、芸術と自分自身だけの空間を持つことが心に光を取り戻す要諦だそうです。

しかし、それも出来ない方もおられます。

そのような方は、毎日、神様に手を合わされるときだけでも、静謐を保たれ、神様と自分自身だけの時空を持たれるのが良いそうです。

神様に語り掛け、神様の声に耳をそばだてられるのがよろしゅうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
新春限定の書置き朱印「開運朱印」12-30-R4.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg新しい巫女印の祈念朱印10-15-R4.jpg巫女の授与品10-15-R4.jpg干支「卯」のしおり12-31-R4.jpg一月の季節印「うさぎ」12-30-R4.jpg新年限定ミニの書置きの朱印12-30-R4.jpg限定書置きの干支巫女朱印12-30-R4.jpg
posted by miya at 01:45| Comment(0) | 神主からの言葉

直観の大切さ

ある神職の方から教えて頂きました。

日本人の道徳的判断基準は、宗教などによって教えられたものではなく、生きているうちに周辺の人から身に付いたものです。

その原点には直観があります。

殺してはなぜいけないと考える前に直観に従っていけないことと判断いたします。

その直観は、直感的にわかることが多いものです。

それに対して、ジャーナリズムなどを金科玉条の様にかざして正しさを強調される方にも間違いはあると意識した方が良いようです。

絶対は神様の専売特許で、この世は、相対的でうつろいやすいものであり、その様な、かりそめの正しさに執着しない方が良いようです。

執着からは自由が無くなり、考え方が固定されます。

万能の神様の子供であるあたしたちはもっと自由であるべきだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
新年限定の書置きの朱印「初詣」と「新春」12-30-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg新しい巫女印の祈念朱印10-15-R4.jpg巫女の授与品10-15-R4.jpg御朱印帳10-15-R4.jpg干支「卯」のしおり12-31-R4.jpg
posted by miya at 01:36| Comment(0) | 神主からの言葉

日本人の判断基準の面白さ

世界の多くの国の人の是非の判断基準は何かと申しますと、聖書などの神話であることが多い様です。

それらの国の法律も聖書などを基準に作られている場合が多い様です。

従って、欧米に参りまして、日本人の方が無宗教などと話しますと危険視されることもあります。

何故なら、してよいことと悪しきことの基準がない人と認識されてしまうからです。

それに対しまして、日本人は、古事記や日本書記などの記載によって是非を考えるのではなく、かつては、「お天道様が見ておられるから」ということで、解決できました。

お天道様に見られて恥ずかしいことはしてはならぬということで、是非の判断が付きました。

それはまた、八百万の神々といわれるが如く、全てのものに神様が宿られていると意識し、神様が偏在されて、見守られているということからもきていると思われます。

宣教師が日本にやってきたときに、既に布教がされたのではないかと思われるほど日本人のしっかりした道徳観に感嘆したことにもつながります。

まことにおもしろい民族です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
新年限定ミニの書置きの朱印12-30-R4.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg新しい巫女印の祈念朱印10-15-R4.jpg巫女の授与品10-15-R4.jpg御朱印帳10-15-R4.jpg一粒万倍 1-1-R5.jpg
posted by miya at 01:30| Comment(0) | 神主からの言葉

2023年01月13日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉