ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2024年02月02日

豆撒き

節分には豆撒きをいたします。

「鬼は外、福は内」と申しますが、節分の豆まきは、鬼を外へ払い、福を家内へ呼び込むことを目的としています。

昔は病気や不幸といった災い招くのが鬼だと考えられており、豆は鬼退治というよりも、邪気を払う目的でまいていたようです。

また、今は、豆をまきますが、もともとは米など他の穀物も使われていました。

実際、地鎮祭などでは、洗米を用いまして祓いをいたします。

五穀豊穣が幸せの象徴であるように、穀物をまくと幸せが訪れると考えられていたことに加え、古くからの言い伝えとして「毘沙門天が鬼の目に豆を投げて退治した」とされる逸話もあります。

節分の豆まきには「福豆」と呼ばれる、炒った大豆を使います。

「豆を炒る」が「魔目を射る」と似ていることから、炒った豆は縁起が良いとされているためであります。

豆撒きの後には、豆を食べますが、自分の数え年の数に1つ足した数を食べるのが良いとされています。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
書置きの朱印1-16-R6.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg新しい巫女印の祈念朱印10-15-R4.jpg巫女の授与品10-15-R4.jpg御朱印帳10-15-R4.jpg干支「卯」のしおり12-31-R4.jpg一粒万倍 1-1-R5.jpgお守り各種2-3-R5.jpgくしびのお守り4-16-R5.jpg巫女のストラップとシール6-6-R5.jpg神社年鑑記事6-12-R5.jpegおみくじ7-16-R5.jpg小槌のおみくじ7-17-R5.jpg令和6年の暦10-2-R5.jpg節分限定朱印2-1-R6.jpg福豆1-31-R6.jpg
posted by miya at 07:35| Comment(0) | 神主からの言葉

節分

明日、2月3日は、節分ですが、実は、節分は、必ずしも2月3日であるとは限りません。

2月の節分は「立春の前日」と定められており、立春は年によって変わることがあるため、2月2日や2月4日になる場合もあります。

立春とは「二十四節季」の1つで「春のはじまり」をあらわします。

1月を「新春」というように、昔は春が新しい年のはじまりとされていました。

旧暦の1月は現在の2月にあたり、新しい年へと切り替わる2月の節分が大切であると考えられたようで、立春は、節目のうえでは冬から春へと季節が変わる日となります。

古来より、季節の変わり目にはいつもと違うことが起こったり、予期せぬ出来事に見舞われたりしやすいとされ、そこで、立春となる前日に悪いものを追い払い、幸運が舞い込むようにと願って節分の行事がおこなわれるようになっていきました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
限定の書置きの朱印「千両万両 雪うさぎ」と「寒椿」1-16-R6.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg新しい巫女印の祈念朱印10-15-R4.jpg巫女の授与品10-15-R4.jpg御朱印帳10-15-R4.jpg干支「卯」のしおり12-31-R4.jpg一粒万倍 1-1-R5.jpgお守り各種2-3-R5.jpgくしびのお守り4-16-R5.jpg巫女のストラップとシール6-6-R5.jpg神社年鑑記事6-12-R5.jpegおみくじ7-16-R5.jpg小槌のおみくじ7-17-R5.jpg令和6年の暦10-2-R5.jpg節分限定朱印2-1-R6.jpg季節印「雪うさぎ」1-17-R6.jpg書置きの朱印1-16-R6.jpgミニの限定の書置きの朱印「雪うさぎ 牡丹」と「雪景色」1-16-R6.jpg
posted by miya at 07:32| Comment(0) | 神主からの言葉

「節分の福豆」授与最終日のお知らせ

昨日もたくさんの方にお詣りいただき、ありがとうございました。

京都は、昨晩、気温が下がり、寒い夜でした。

気温の変化が激しいようです。

体調管理にご留意ください。

さて、授与してまいりました「節分の福豆」ですが、本日迄の授与となりますので、ご希望の方はご注意ください。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
福豆1-31-R6.jpg
110531_163358.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg新しい巫女印の祈念朱印10-15-R4.jpg巫女の授与品10-15-R4.jpg御朱印帳10-15-R4.jpg干支「卯」のしおり12-31-R4.jpg一粒万倍 1-1-R5.jpgお守り各種2-3-R5.jpgくしびのお守り4-16-R5.jpg巫女のストラップとシール6-6-R5.jpg神社年鑑記事6-12-R5.jpegおみくじ7-16-R5.jpg小槌のおみくじ7-17-R5.jpg令和6年の暦10-2-R5.jpgミニの限定の書置きの朱印「雪うさぎ 牡丹」と「雪景色」1-16-R6.jpg限定の書置きの朱印「千両万両 雪うさぎ」と「寒椿」1-16-R6.jpg
posted by miya at 07:26| Comment(0) | 神主からの言葉