ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2024年02月05日

親切にされている、愛されていることを認識する

ある神職の方から伺いました。

あたしたちがもしも他人から本当に親切にされ、愛されていると自覚できましたら、人に対して冷酷不親切にしようと思いましても、そんなことはできるものではありません。

残念ながら世の中には、こちらがその方に対して意地悪をしなくても、不親切にしなくても、意地悪をし、悪しきことをする方がおられるものです。

ところが神様は、あたしたちに対して悪しきことを想われるということはなく、四六時中、あたしたちが意識せぬ時さえあたしたちのことを考えてくださっています。

さすれば、あたしたちは他人はさておき、神様に対しては、悪しきことができるわけではありません。

否、それ以上に心から愛して、好きになり、受け入れる対象であります。

このことを強く意識する必要があるそうです。

そして、その意識が高まれば、ますます神様のやさしさや、あたしたちのことを想ってくださっているご神慮を感じることができるそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
特別限定「縁」の朱印4種2-4-R6.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg新しい巫女印の祈念朱印10-15-R4.jpg巫女の授与品10-15-R4.jpg御朱印帳10-15-R4.jpg干支「卯」のしおり12-31-R4.jpg一粒万倍 1-1-R5.jpgお守り各種2-3-R5.jpg巫女のストラップとシール6-6-R5.jpg神社年鑑記事6-12-R5.jpegおみくじ7-16-R5.jpg令和6年の暦10-2-R5.jpg季節印「雪うさぎ」1-17-R6.jpg季節限定特別朱印4種2-4-R6.jpg書置き朱印4種2-4-R6.jpg
posted by miya at 07:35| Comment(0) | 神主からの言葉

進むか立ち止まるか

ある神職の方から伺いました。

あたしたちは、一瞬一瞬、様々なことを決めて人生を歩みます。

そして、何かが起こるとき、それは神様からあたしたちへの新たな発展の種子が与えられる時なのだそうです。

そのような決定の時に及んで、あたしたちは、進むか立ち止まるかを決めなければならぬわけですが、常に「進む」を選ぶのが良いそうです。

立ち止まっていては何も発展はありませんが、進むと何かが動き出します。

そしてそれは善きことへの動きなのだそうです。

どうしても立ち止まることを選ぶときも、前向きな、立ち止まることによって何か新しいことを見出す立ち止まりが良いそうです。

まずは、諾から進むのが良いそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
書置き朱印4種2-4-R6.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg新しい巫女印の祈念朱印10-15-R4.jpg巫女の授与品10-15-R4.jpg御朱印帳10-15-R4.jpg干支「卯」のしおり12-31-R4.jpg一粒万倍 1-1-R5.jpgお守り各種2-3-R5.jpgくしびのお守り4-16-R5.jpg巫女のストラップとシール6-6-R5.jpg神社年鑑記事6-12-R5.jpegおみくじ7-16-R5.jpg小槌のおみくじ7-17-R5.jpg令和6年の暦10-2-R5.jpg季節印「雪うさぎ」1-17-R6.jpg季節限定特別朱印4種2-4-R6.jpg
posted by miya at 07:30| Comment(0) | 神主からの言葉

生かされている

ある神職の方から伺いました。

あたしたちは自分で生きていると思いがちですが、あたしたちは生かされているというのが真実であります。

生きようと思いましても、空気がなければ、あっという間に死んでしまいます。

それ以外にも、水、食物、光、等々があり、これはあたしたちを愛してくださっている神様からの恵みでありこれらによって生かされております。

また、ご神霊が宿る周囲のもの、そして周辺の人々などにより、あたしたちは生かされているのであります。

さすれば、生かされていることに日々感謝することが肝要です。

そして、生かされているなら、どう生きるか、どうなるかなど心配せず、無限の神様が生かして下さり、守ってくださるのですから、何とかなると、前向きに生きることが肝要鵜だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
季節限定特別朱印4種2-4-R6.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg新しい巫女印の祈念朱印10-15-R4.jpg巫女の授与品10-15-R4.jpg御朱印帳10-15-R4.jpg干支「卯」のしおり12-31-R4.jpg一粒万倍 1-1-R5.jpgお守り各種2-3-R5.jpgくしびのお守り4-16-R5.jpg巫女のストラップとシール6-6-R5.jpg神社年鑑記事6-12-R5.jpegおみくじ7-16-R5.jpg小槌のおみくじ7-17-R5.jpg令和6年の暦10-2-R5.jpg季節印「雪うさぎ」1-17-R6.jpg
posted by miya at 07:24| Comment(0) | 神主からの言葉