ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2017年07月18日

天照皇大神とともに

神道の最高神は謂わずと知れた「天照皇大神」です。

神職のなかでは、嫌な事や辛い事などがあります時には、「祓へ給へ 清め給へ」と唱えますとともに、「天照皇大神」を音読みで「てんしょうこうたいじん」と唱える方も多いと伺います。

何度も心の中で、「てんしょうこうたいじん」と唱えますと、天照皇大神のお力を頂けて、妙に心が座り、落ち着き、何事も何とかなると思えるようになります。

それぞれ信仰されている神様がおられると存じますので、その神様の御名を唱えられますのも良いと存じますが、最高神の天照皇大神の御名を唱えられるのも良いかと存じます。

そして、心に落ち着きを取り戻されましたら、必ず感謝の気持ちを心で伝えられることも重要だそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

7月朱印.jpg朱印一覧7-12-H29.JPG朱印袋一覧.JPGお守りストラップ5-31.jpgmiko.jpgqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gif
posted by miya at 05:06| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: