ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2018年03月14日

良い数字と悪い数字

数字にこだわる方がおられます。

「八」は、末広がりなので良いとか、「九」は「苦」につながるからわるいとか・・・。

ある神職の方に伺いますと、数字の事は全く気に掛けられないとの由です。

何故ならすべての数字は神様がお創りになられたので、悪いものは一つもないからだそうです。

たしかに、「九」は「苦」に繋がるから悪いと考えられている一方、「九」は陽のきわまりで最高と考えることもあります。そのため、九月九日は「陽」がかさなり重陽として祝います。

「四」は、「死」に繋がるとして嫌がられる一方、ピタゴラスは、「四」を最高の数と考えていたようですし、タロット・カードでは「4」は物質の世界を支配し、基礎をつくりあげる「皇帝」の姿にされているそうです。

数字で占いをする方もおられますが、神様を信頼する方は、神様から常に智慧を頂けますので、その時その時に現れる数字がその時の最も重要な数字で、数字の良し悪しを考えること自体必要ないそうです。

数字の良し悪しで右往左往する前に今必要な数字を頂いたと喜び感謝しそれを最大限に利用することが肝要だそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

恋みくじ1-16-H29.jpg
syaoku.jpg巫女座り.jpg御朱印ファイル1-28-H29.jpgくちなしの花2-25-H30.jpg梅の花2-25-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg七色鱗型お守り9-6-H29.jpg暦10-5-H29.jpg祝箸10-5-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpg三種の神器1-28-H29.jpg絵馬各種1-18-H29.jpgお守り各種1-18-H29.jpg
posted by miya at 06:10| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: