ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2018年03月14日

自分を忘れて他人を救う

ある神職の方から伺いました。

病気の時にその病気にも拘らず、自分の事を忘れて他の人のために尽くそうと考えらえて働きだされた時、医師も見放した病気からは回復される方が多くおられるそうです。

その理由は、他の人のために尽くすとき、自分の病気の事をかまって折れないので、心から病気の考えが消え、それに並行して身体からも病気が消えるためだそうです。

次に、自分のない処、無我の境地に立った時に、神様が現れられるからだそうです。

次には、他の人のために尽くすことは神様の手足となって神様をお手伝いすることになり、それは神様の最も喜ばれる事であり、あたしたちの最上の使命だそうで、神様の使命を果たしたあたしたちに神様は最上の幸せを与えて報われるからだそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

お守りの記事3-8-H30.JPG
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg御朱印ファイル1-28-H29.jpgしおり11-7-H29.jpg暦10-5-H29.jpg御百度帳8-1-H29.jpg祝箸10-5-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpg神宮大麻11-16-H29.jpg恋みくじ1-16-H29.jpgステッカー各種1-18-H29.jpg交通安全お守り1-28-H29.jpgひなまつり朱印2-25-H30.jpg青色朱印全種2-25-H30.jpg巫女ストラップ全種2-25-H30.jpgお守り各種1-18-H29.jpgおまもり各種11-7-H29.jpg七色鱗型お守り9-6-H29.jpgお守りの本表紙3-8-H30.JPG
posted by miya at 06:25| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: