ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2018年05月16日

乳児と亡くなる人の類似性

看護士さんが面白い事を述べておられます。

病院に勤務しておられると数多くの誕生と死に接しられます。

そういった経験の中で、誕生という移行と死という移行がどれだけ似ているかを述べておられます。

赤ちゃんは沢山しゃっくりをしますが、老人も同じだそうです。

赤ちゃんは誰かに食べさせてもらわねばなりませんが、老人も同じだそうです。

言葉を話し始めた幼児はよくナンセンスなことを言い、感覚を超えた場所からのメッセージを口にするそうですが、老人も同じだそうです。

老人も乳幼児も霊界とのつながりを感じさせることが多いそうです。

誕生と死に接すると霊界を、そして神様の存在を感じないわけにはいかないことがたくさんあるそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

新巫女朱印帳4-22-H30.jpg
syaoku.jpg巫女座り.jpg朱印2種類.jpg恋みくじ1-16-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpg御朱印ファイル1-28-H29.jpg七色鱗型のお守り3-15-H30.jpgお守り一覧3-15-H30.jpg巫女キーホルダーと朱印帳3-31-H30.jpg祝箸3-31-H30.jpgお守り各種3-31-H30.jpg巫女file3種4-22-H30.jpg兜と菖蒲の朱印4-29-H30.jpg
posted by miya at 06:30| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: