ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2018年08月09日

言葉

ある神職の方から教えていただきました。

日本では言葉とは神からの知恵を表すものだそうです。

同時に日本では、言葉には魂や力が宿っているという「言霊(ことだま)」という考えがあり、「忌(い)み言葉」といって、特定の場面では不吉になるため使用を避ける言葉もあります。

「口は災いのもと」ということわざも、言霊の力を表しており、悪いことを言うくらいなら、黙っていた方が良いということです。

普段の生活においても、正しい言葉遣いで、良い言葉を使うのを心がけることが肝要です。

言葉と申しますと、神職が奏上する祝詞がございます。

厄払いなどでも神職が祝詞(のりと)を奏上しますが、これは言葉の力によって「つみ・けがれ」を祓っているわけです。

多くの神社では毎日、「大祓詞」という祝詞を奏上し、祓を行っています。皆様の家にあっても神棚に向かって大祓を奏上されますと、悪しき気が去り良い気がやって来、気分が良くなり心地よくなるようです。

左様に言葉は、重要で力にあふれているようです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ひまわりの朱印7-29-H30.jpg
miko.jpgしおり11-7-H29.jpg大地主の神様.JPG楠.JPG交通安全お守り1-28-H29.jpg御百度帳ハンカチ3-31-H30.jpg御札と暦3-31-H30.jpg巫女ストラップとブロマイド3-31-H30.jpg巫女スタンプと朱印5-10-H30.JPG朱印ファイルとしおり6-1-H30.jpg祝箸6-5-H30.jpg絵馬3種7-14-H30.jpg朱印袋としおり8-6-H30.jpg巫女朱印帳と朱印袋8-6-H30.jpg巫女ファイル8-6-H30.jpg巫女キーホルダー全種8-6-H30.jpg
posted by miya at 04:26| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: