ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2018年10月14日

心にあることを書く

「メモ」は「メモランダム」の省略形ですが、その意味は、備忘録であり、忘れたときの用心に書き付けることです。

しかし、ここから転じて、書くことによって忘れてしまってもよいわけです。

「心にあることを書くこと」は、心に持っていることを忘れる方法のようであり、心の重荷を卸す方法のようです。

悲しい時や心が苦しい時には、思うまいとしないで、その悲しみや苦しみを紙の上に文字にして出すのが良いようです。

そうしますと、悲しみや苦しみが次第次第に解消され、心から忘れ去られるようです。

書き出して、神様に託してしまい、心を軽くし、神様に祈りますと、神様がその空いた隙間に幸せを運んできてくださるそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
秋桜の朱印 9-30-H30.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpgしおり11-7-H29.jpg朱印帳本11-13-H29.jpgお守りの記事3-8-H30.JPG神社年鑑記事5-6-H30.JPG御百度帳ハンカチ3-31-H30.jpg御札と暦3-31-H30.jpg巫女ストラップとブロマイド3-31-H30.jpg朱印ファイルとしおり6-1-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpgおみくじおまもり7-22-H30.jpg朱印袋としおり8-6-H30.jpg巫女キーホルダー全種8-6-H30.jpgお守り各種8-6-H30.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg柿の木10-7-H30.jpg金木犀10-7-H30.jpg
posted by miya at 07:30| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: