ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2019年08月13日

ネガティブな気持ちを書き記す

その日あった善きことを日記などに書き記す人は多いそうです。

ただ、ある霊能者の方に伺いますと、ネガティブな気持ちを書き記すことも同様に重要だそうです。

人によりましては、ネガティブな気持ちを書き記すと悪しきことを引き寄せると考える方もおられるようですが、その様な心配は無用だそうです。

それでもご心配の方には、京都大神宮で授与しております、「神様への手紙」をお勧めします。

書いたことは、神様に引き取って頂けます。

ところで、なぜネガティブな気持ちを書き記した方が良いかと申しますと、それはあたしたち自身の本体である魂の声を聴くことになるからだそうです。

ネガティブな気持ちを書き記すことによりまして、自分の違和感を認識することが出来、同時にそれを心の外に出してしまうことが出来ます。

本当気持ちを見つけ出し、書き記すことによりアウトプットし、心の外に追いやるのだそうです。

「神様への手紙」には、感情的になっても構いませんので、思いのたけを書かれ、神様に託してしまわれるのが肝要です。

ネガティブな部分が亡くなった心には、善き種子を蒔いて育てればよいのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
しおり11-7-H29.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg朱印2種類.jpg御札と暦3-31-H30.jpg巫女スタンプと朱印5-10-H30.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg祝い箸11-6-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女ファイルとしおり3-15-H31.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpgお守り各種7-1-R1.jpg令和ファイル7-24-R!.jpg
posted by miya at 01:13| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: