ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2019年08月13日

不要なものは捨てる

ある霊能者の方から教えていただきました。

身近にあるもので、ずっと使っていないものは、もはや不要なものであり、それはこれまで身近にいてくれたことを感謝して捨てるのが良いそうです。

神道では、すべてのものに魂が宿ると考えます。

さすれば、あたしたちにとりまして既に必要のないものには、要らないエネルギーが宿っているそうです。

家の中に不必要なものが溜まっていきますのは、要らないエネルギーが溜まっていくことになります。

エネルギーは循環してこそよくなるので、悪しきエネルギーが溜まった家は不健康だそうです。

家の中をすっきりさせれば、良いエネルギー循環が始まり、人生も好転するそうです。

昔の人は、「付喪神(つくもがみ)」と申しまして、古い道具などには、神様や霊魂が宿ると語り継いできました。

不要なものは処分し、手元にあるものは大切に扱うのが幸せの要諦だそうです。

神職に清祓いをしてもらうのも良いようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
8月ひまわりの朱印8-1-R1.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg朱印帳本11-13-H29.jpg地球の歩き方紹介11-13-H29.JPGお守りの記事3-8-H30.JPGしおり11-7-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女ファイルとしおり3-15-H31.jpg朱印帳・袋各種4-22-H31.jpg
posted by miya at 01:16| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: