ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2019年08月14日

お中元

お盆は、次第に亡くなった先祖の魂だけでなく、生きている両親の健康をも長い祝う様になります。

これが、「生盆(しょうぼん)」です。

日頃お世話になっている人に物を贈る「お中元」は、この「生盆」の風習が起源だそうです。

昔から日本では、お盆の期間は生者も死者も区別なく、一族の『魂』が集う期間とされていました。

そんな祖霊たちが、迷わず家に帰れるように、家の玄関や庭先などで「火」をたくのが「迎え火」であり、お送りするのが「送り火」です。

ところで、京都の夏の風物詩、「大文字の送り火」もこれに当たりますが、これは実は浄化の火で、送り火は、嵐山の灯篭流しなどがそれにあたるという説もあるそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
令和ファイル7-24-R!.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg朱印帳本11-13-H29.jpg地球の歩き方紹介11-13-H29.JPGお守りの本表紙3-8-H30.JPGお守りの記事3-8-H30.JPGしおり11-7-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女ファイルとしおり3-15-H31.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg朱印帳・袋各種4-22-H31.jpg朱印帳各種7-1-R1.jpgお守り各種7-1-R1.jpg
posted by miya at 02:11| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: