ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2019年09月12日

中秋の名月

十五夜とは、旧暦8月15日の夜、またはその夜の月のことを意味し、中秋の名月とも呼ばれています。

月の満ち欠けを基準とした、旧暦8月15日である十五夜は、新暦となった現在の暦と一致しません。

令和元年の十五夜は、9月13日(金)となります。

旧暦の元旦である1月1日は、現在の暦ではちょうど立春の時期にあたります。

このため、旧暦では1月からが春とされており、7月〜9月までは「秋」になります。

つまり「中秋」が、秋の中日を意味する言葉のため、中秋の名月は「8月15日の名月」を意味しています。

日本では、古来から月を愛でる習慣自体はあったようです。

しかし、十五夜を特別視してお月見するようになったのは、平安時代に伝わった中国の「中秋節」に由来するそうです。

中国での中秋節は、春節に次いで大きな祝日。3000年とも言われる中秋節の歴史は、古代の月祭りまで遡るそうで、中秋節には家族や友人を招いて、月餅を食べながら月見をする風習があったそうです。

宮中に伝わったお月見は、鎌倉時代を経て江戸時代になる頃には、農村の収穫祭と結びついて庶民に浸透し、豊かな実りの感謝を捧げ、お供え物とともにお月見をするようになったといわれています。

今週の金曜日、皆様も中秋の名月をお楽しみください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG朱印2種類.jpgしおり11-7-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg巫女スタンプと朱印5-10-H30.JPG巫女清楚キーホルダー5-23-H30.jpg祝い箸11-6-H30.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女キーホルダー・絵馬・シール他4-22-H31.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpg
posted by miya at 01:36| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: