ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2019年09月12日

服忌(ぶっき)

服忌に付きまして、お問い合わせを頂いております。

御家庭にご不幸があった場合、一般的には、五十日間を忌中(きちゅう)としまして故人を偲び、神棚に半紙を貼るなどしまして、おまつりを遠慮いたします。

忌が明ければ再び神棚もおまつりし、通常の生活に戻ります。

忌の期間が正月をまたぐ場合には、忌が明けてからお神札(ふだ)を受けられるのがよろしゅうございます。

なお、親戚の方が亡くなられた場合には、お葬式を出したお家でなければ、通常のおまつりをしても問題ございません。

また、神社をご参拝なさるのも忌中の間ご遠慮なさるのがよろしゅうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
月見団子とうさぎ9-1-R1.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg朱印帳本11-13-H29.jpg地球の歩き方紹介11-13-H29.JPGお守りの本表紙3-8-H30.JPGお守りの記事3-8-H30.JPGしおり11-7-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpg
posted by miya at 01:40| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: