ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年03月26日

神主

「神主」と書きまして、今日では、カンヌシですが、古くは、カムツカサと訓みました。

ツカサは役所などの長官を指します。

カムは神の音が変化したいいかたです。

つまり、カムツカサとは神社の司ということです。

神社は奈良時代には役所でした。

その長官を言うのがカムツカサです。

神社には、その他にも神様にお仕えする人々がいました。

例えば、一般的には、根宜(ねぎ)・祝(はふり)があります。

ネギは今日の労いする役割を示すところから出た語です。

ハフリには諸説あります。

放(はふ)るとする考えに従えば、罪や穢れを放る役から出たことになり、今日の苗字(ほうり)に残っております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
3月の書置きの朱印「桃の節句」と「春色」3-1-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpg地球の歩き方紹介11-13-H29.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg朱印袋三種11-13-R1.jpg縁結び守り2-14-R2.jpg3月の朱印お雛様3-1-R2.jpg
posted by miya at 03:41| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: