ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年04月02日

自分とはいかなるものか

あたしたちは、自分のことを知っているつもりですが、案外わかっていないものです。

さすれば、毎日神棚に手を合わされるときに、自分自身にも手を合わせ、自分自身と向き合うのも肝要だそうです。

神棚にはよく御鏡が置かれております。その鏡は祈念される方自身を見るためでもあるそうです。

自分は何を考えているのか、どのような顔をしているのか、その顔の奥にある心では何を考えているのか、自分自身を知り、理解すれば、自分が目指すものと現実との齟齬が無くなってくるそうです。

あたしたちは自分自身が心に想い、なろうとするものになるのだそうです。

ある神職の方から教えていただきました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
4月「卯月春」と「花時」の書置きの朱印3-29-R2.jpg
syaoku.jpgmiko.jpgしおり11-7-H29.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg朱印袋三種11-13-R1.jpg縁結び守り2-14-R2.jpg社紋新朱印帳3-20-R2.jpg4月さくらの朱印3-29-R2.jpg4月ミニ朱印3-29-R2.jpg
posted by miya at 06:33| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: