ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年04月21日

のりと

祝詞とかいて、「のりと」と読むようになったのは奈良時代になってからのようです。

それまでは、まちまちで、古典には「称辞(たたえごと)」、「護詞(いはひごと)」、「寿詞(よごと)」、「祓詞(はらへことば)」、「諄辞(のりと)」などとあります。

神様をお祀りする氏族ごとにそれぞれの呼び名を用いていたためのようです。

タタヘゴトは、讃えることばで、神様の御働きを賞賛するものです。

イハヒゴトは、斎(いわ)うことばです。

イワウは、「籠る(こもる)」意味ですから、お籠りの際に唱えたことばなのでしょう。

ヨゴトは、長寿をことほぐことばです。

ハラヘコトバは、文字通りお祓いのことばです。

ノリトは、秘めたことを公表することばです。

占いに現れ出られた神様の意志を記すことをいうノリに、まじないを意味するトを添えた語です。

まつりを行うには、まず、神様に日程・奉仕者の適否を伺います。

対する神様の意志表示のことばを文字に表したものがノリトです。

選ばれた人々は、直ちに忌み籠りにはいります。

そのおりに唱えたことばがイハヒゴトです。

祭りの当日、神様に申し上げることばがタタヘゴトなのでした。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
4月「卯月春」と「花時」の書置きの朱印3-29-R2.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg神宮朱印帳各種4-15-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg4月さくらの朱印3-29-R2.jpg
posted by miya at 04:22| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: