ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年04月22日

祈りの時間を作る

祈りとは縁遠い方が多いようです。

また、最近若い方を中心に神棚を設置される方が増えているようですが、それでも毎日神様に手を合わせる方も少ないようです。

しかし、神様に手を合わされる、あるいは、毎日祈念なされるのは、宗教家の専売特許ではありません。

毎日、時間を取られて、神様に手を合わされ、祈念なさると、神様に護られているという意識が芽生え、心の安らぎにつながります。

祈念と申しましても、大げさなことを考えなさらなくてもよろしゅうございます。

「おはようございます」も「ありがとうございます」も祈念であります。

とりわけ、人のための祈りは神様に届くと申します。

神様はあたしたちが意識しようが、しまいが、常にあたしたちを護って下さっておりますが、神様を意識しますと、神様からの智慧をより受けやすくなり、それはあたしたちの幸せにつながるようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
4月「卯月春」と「花時」の書置きの朱印3-29-R2.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg神宮朱印帳各種4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女ストラップとファイル4-15-R2.jpg4月さくらの朱印3-29-R2.jpg
posted by miya at 01:43| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: