ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年05月07日

祈りとは

ある神職の方から教えていただきました。

声を出していう言葉は大きな力を有しているのだそうです。

この言葉に出して宣べることを祈り(息宣り(いのり))というのだそうです。

古来日本では、黙祷ということをあまり行わなかったため、言葉の力を利用して堂々と希望することを宣べた(のべた)のだそうです。

言葉は、必ず神様に達し、その宣べたところは必ず実現するという信念をもって祈願することを宣べたのだそうです。

古来、日本人は、神様の創造力は言葉を通じてあらわれたので、神様の子供である人間が祈りますのは、神様の代理として言葉を発することにより、神様の創造の御業を助けるのだと信じていたのだそうです。

そしてそれこそが祈りなのだそうです。

その祈りには権威があり力があるのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
鯉のぼりと菖蒲の朱印5-1-R2.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg巫女ストラップとファイル4-15-R2.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpg神宮朱印帳各種4-15-R2.jpg
posted by miya at 06:07| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: