ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年05月10日

自分たちが見たいように見ている

あたしたちは、物事を見るとき、あるが如くに見ているように考えがちですが、真実は、あたしたちが見たいように見ているのだそうです。

例えば、日本には、元々ヨナヌキ(4・7抜き)と申しまして、音のドから数えて、4番目と7番目の音、つまり、ファとシの音がありませんでした。ファとシの音を外して作曲しますと、懐かしいメロディーが現れ、日本の民謡もこれにより作曲されております。

明治のご維新になり、ヨーロッパに渡った先人が音楽を学んだ時、ファとシに出会ったわけでありますが、最初その音が聞き取れずに困ったという報告があります。

しかし、ファとシを知っているあたしたちには、それは最初から聞こえる音であります。

左様に、あたしたちは、ありのままに見ているのではなく、自分たちが見たいように見ております。

世界をどのように認識するか、異なるレンズを獲得致しますと、あたしたちは新しい可能性を見出します。

あたしたちの脳は、教え込まれたものしか見ることが出来ず、つまり、あたしたちは、自分が知っていることしか見ることが出来ません。

さすれば、毎日神様に手を合わせ、神様のことを考え、感じ、あたしたちには無限の可能性があると理解することから、新しいそして大きな可能性を受け取ることが出来ます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
鯉のぼりと菖蒲の朱印5-1-R2.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg巫女ストラップとファイル4-15-R2.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpg神宮朱印帳各種4-15-R2.jpg
posted by miya at 05:52| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: