ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年05月17日

なんであたしだけ

あたしたちの身に何か悪しきことが起こった時、あたしたちは、「どうしてあたしだけ」と自問自答致します。

しかし、善きことが起こった時には、「どうしてあたしだけ」とは問わず、その喜びに浸ります。

存じ上げる霊能者に伺いますと、悪しきことと喜ばしいことが起こる時、それはコインの裏表で、表面的には大きな差がありますが、魂的には一緒のことだそうです。

さらにそれを敷衍しますと、悪しきことが起こった時には、その後の大きな喜びの種が蒔かれた時なので大いに喜ぶべきなのかもしれないそうです。

悪しきことも善きことも、生まれる前に自分自身で巻いた課題の種子が芽吹いた時だそうです。

表面的に悪しきことも本当は決して悪いものではなく、表面的に悪しきことも善きことも、自分自身にとってだけの良きことなのだそうです。

さすれば、悪しきことが起こりました時には、凹まず、これをどのように善きことに変えようかと思案し、善きことが起こった時には、もっと善きことが起こるようにどのようにしようかと、常に前向きに考えるのが良いそうです。

前向きに考えますと、心が神様の波長と同じになり、常にあたしたちを見守り、あたしたちに善き智慧を授けて下さる神様とつながりやすくなりますので、神様からの善き智慧を受けやすくなるのだそうです。

善い意味で、悪しきことも善きこともゲーム感覚でやればよいのだそうです。

あたしたちの魂は決して死なず生き通しで、なんども生まれ変わってチャレンジできるのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
端午の節句と皐月芍薬の書置きの朱印5-1-R2.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg巫女ストラップとファイル4-15-R2.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpg神宮朱印帳各種4-15-R2.jpg鯉のぼりと菖蒲の朱印5-1-R2.jpg3種のミニ朱印5-1-R2.jpg
posted by miya at 05:08| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: