ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年05月23日

独り言

神道では、言霊と申しまして、言葉が様々な影響を与えるため、使う言葉に留意致しますが、これは、独り言にも当てはまるそうです。

あたしたちは、無意識に「あたしはダメだ」とか、「あたしはどうしてできないのだろう」と、とりわけて意識もせず、独り言をしたりいたします。

しかし、このたわいのない独り言でさえ、あたしたちの身体や、あたしたちの本体である魂は聞いているようで、万能の神様の魂のかけらを頂いて生まれてきた万能の神様の子供のあたしたちの心に影を差し、言葉の通り、悪しきことを引き寄せるそうです。

さすれば、善きないことが起こった時の独り言でも、「これを機によくなろう」とか「もう既に善き方向に動き出している」とか「あたしなら必ずできる」などの善き言葉を使うことが肝要だそうです。

さらに敷衍すれば、心の中での会話においてさえも善き言葉ばかりを使うのが良いそうです。

しかし人間ですから、腹が立った時、凹みました時には、悪しき言葉を使いがちです。

欧米では昔は、子供が悪しき言葉を使いますとお母さんが子供を洗面器まで連れていき、石鹸で口を洗ったそうです。

同じ意図で、どうしても悪しき言葉を使ってしまいました時には、祓詞を唱える、その時間もありませんでしたら、「祓へ給へ、清め給へ」と心で唱えるだけでも悪しき波動が消え去るそうです。

ある神職の方から教えていただきました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
鯉のぼりと菖蒲の朱印5-1-R2.jpg
巫女座り.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg巫女ストラップとファイル4-15-R2.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg神宮朱印帳各種4-15-R2.jpg神社年鑑内容5-18-R2.jpeg神社年鑑表紙5-18-R2.jpeg
posted by miya at 01:34| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: