ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年05月23日

神社の境内のものを持ち帰らない

ある参拝者の方からご質問を頂きました。

とても信仰心の厚い方で、毎日、朝夕にご参拝なさる方であります。

ある時、常に神社にお祀りされている神様との絆を確認するために神社の石を持ち帰ろうとなさった由です。

物の本には、ご本殿の後ろの砂を持ち帰ると良いと書いてあるものもございます。

しかし、神社の境内のものは全て神様の持ち物であります。

どうしてもと思われる方は、神社の社務所におられる方に必ず尋ねられ、了承を得てからなさるのがよろしゅうございます。

当宮に於きましても、当宮の水が欲しいとのお問い合わせがあり、お譲りしたこともございました。

しかし、あたしたちが神様から頂くのは、この世の物質ではなく、神様の善き智慧であり、その智慧をこの世で物質化するのがあたしたちの務めであります。

さすれば、物に頼られるのではなく、ご神前で、神様の恩頼(みたまのふゆ)を受けるようになさるのがよろしゅうございます。

境内には神様の気が溢れておりますので、深呼吸をなさり、身体一杯に神様の気を受けるようにイメージされるのもよろしゅうございます。

限りあるものを受けられるより、限りのない恩頼を受けられると限りのない幸運を引き寄せることが出来ます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
端午の節句と皐月芍薬の書置きの朱印5-1-R2.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg巫女ストラップとファイル4-15-R2.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpg神宮朱印帳各種4-15-R2.jpg鯉のぼりと菖蒲の朱印5-1-R2.jpg3種のミニ朱印5-1-R2.jpg
posted by miya at 01:41| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: