ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年05月31日

泰然と対応することも時には必要

人間関係で苦労をなさっている方の中には、人のとても良い方がおられ周りの人たちに真摯に対応されるために、利用されている方も多いようです。

確かにそれにより御霊磨きをされ、より大きな器になる機会もございますが、過ぎたるは猶及ばざるが如しの喩の通り、これも過ぎますと、自分自身を苦しめることになります。

天照大御神は、あたしたちの神様の中の神様でありますが、その天照大神でさえ、須佐之男命が高天ヶ原に登ってこられようとしたとき、武具を纏われ、泰然と相対峙されました。

受けるだけではなく、時には、一歩も引かぬ覚悟も重要のようです。

これもまた魂磨きの一つだそうです。

様々な機会を様々な魂磨きに利用すればよいのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
3種のミニ朱印5-1-R2.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg巫女ストラップとファイル4-15-R2.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpg神社年鑑内容5-18-R2.jpeg神社年鑑表紙5-18-R2.jpeg
posted by miya at 05:19| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: