ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年06月20日

ねばならぬは万病のもと

ある神職の方から教えていただきました。

あたしたちが悩みや恐怖を引き寄せるきっかけは、「ねばならぬ」というとらわれの心だそうです。

すべての「ねばならぬ」を解放致します時には、心の自由を得ることが出来るのだそうです。

ところで、この世に絶対的な法則として「何々せねばならぬ」というものは何もありません。

それはあたしたちが、無条件に、いちいち意識しないために、あるいは慣習として勝手に作り上げてきたものであります。

勿論、法則としたときには、帰納法的に帰着したものや、そうすることによって楽になったものもあるかもしれません。

しかし、いつの間にかそれに縛られますと、心の自由を失います。

こうなりますと、「ねばならぬ」は万病のもととなります。

たまには、「ねばならぬ」を解き放ち、心を自由にして、今本当に「ねばならぬ」ものは何かと考えるのが肝要だそうです。

そう云った時には、神様に手を合わせ、神様のお力をお借りするのも重要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
夏越の祓符6-18-R1.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpg巫女ストラップとブロマイド全種6-2-R2.jpg巫女ファイルと交通安全6-2-R2.jpg朱印帳全種6-2-R2.jpg6月のあじさい朱印6-1-R2.jpg京都大神宮の神札と蘇民将来の神札6-6-R2.jpg
posted by miya at 05:41| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: