ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年07月04日

どうでもよい、どっちでもよい

ある神職の方から教えていただきました。

あたしたちは、常に比較をしがちです。

それは決して悪いことではありません。

前向きに使えば、自分自身の向上に役立ちます。

目標を立て、その目標と比較して、自分の目標を目指すメジャーになります。

その一方、比較が恐怖や苦難の根源になることもございます。

そのような時には、比較することを止め、今中の精神で、今・この瞬間の自分に集中し、自分を楽しみ、今の自分を謳歌することも肝要です。

どうでもよい、どっちでもよいとの心境になりますと、怖いものなしであります。

あたしたちの恐怖や不安は比較から起こることが多くあります。

しかし、あたしたち一人一人が自分の人生というドラマの主人公であるということを再認識すれば、比較は無用であります。

すべてが主人公に必要なことなのです。

悲劇の主人公か、順風満帆な主人公か、すべてあたしたちが自分自身で神様と相談して決めて、この世に生まれてきているのですから。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
7月「涼」の季節印7-1-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpg朱印帳全種6-2-R2.jpg巫女ファイルと交通安全6-2-R2.jpg巫女ストラップとブロマイド全種6-2-R2.jpg七夕特別朱印6-26-R2.jpg
posted by miya at 01:53| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: