ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年07月11日

この世は中庸が肝要

よく中庸という概念が説かれます。

そして、中庸こそ目指すべきと説く宗教もたくさんあります。

逆を申しますと、この世では、極端に走っても極端には達しきれないのだそうです。

なぜなら極端は、絶対の領域に入るため神様のみなすことが出来るのだそうです。

さすれば、寧ろ何事でも両極端を避けて、中庸を目指すのが良いそうです。

中庸を目指すのにも努力が必要です。

100%ではなく120%を目指して、75%の達成でよいのだそうです。

合格点でよいのだそうです。

それはこの世で神様があたしたちに求められる満点だそうです。

出来る限りの努力をしてその結果を楽しむのが良いそうです。

この世を卒業して神様の世界に戻りましたら、なんでも思い通りにできるのですから。

ある神職の方から教えていただきました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「夏祭り」と「朝顔」7月の書置きの朱印7-1-R2.jpg
syaoku.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女朱印帳と朱印袋4-15-R2.jpg巫女ファイルと交通安全6-2-R2.jpg巫女ストラップとブロマイド全種6-2-R2.jpg7月「涼」の季節印7-1-R2.jpg「ひまわり」と「朝顔」のミニの書置きの朱印.jpg
posted by miya at 07:04| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: