ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年08月05日

良き集中と悪しき集中

ある霊能者の方から伺いました。

あたしたちが身体で不調なところが出来ました時、例えば、胃が痛い、頭が痛いなど、の場合、その箇所に意識が参ります。

そうしますと、益々痛みを酷く感じます。

その一方、病を早く治す要諦は、その不調の部位のことを忘れることだといわれます。

不調のある部位への意識の集中には善き集中と悪しき集中があるそうです。

善き意識の集中とは、その部位がすでに治ったが如く振る舞い、その部位に最高の栄養剤である良き血液を送り込むことだそうです。

その一方、意識の悪しき集中とは、その部位に意識を集中させるがゆえに血液の循環を悪くさせ、部位に悪しき血液を澱ませ、とどめ置くことだそうです。

神様に病気平癒の祈願をなさり、その後は神様を信じ切り、既に神様の働きがなされ、悪しき部位が治ったと意識して、良き血液を送り続けるのが良いそうです。

くれぐれも、当該の部位に悪しき意識を持っていき、「どうしよう、もっと悪くなったら、まだ良くならない」などと悪しき考えに拘泥し、悪しき血液を澱まさないようにするのが、病気平癒の要諦だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「盛夏」と「カモメ」のミニの書置きの朱印8-1-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg七色鱗型お守り6-1-H30.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg「蛍」の季節印8-1-R2.jpg
posted by miya at 05:46| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: