ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年08月09日

幼児の本能を抑圧しない

あたしたちが子供に対します時、あたしたち自身が経験から導き出した正しいと思うことが絶対と考え、それと比較しまして、違うものを間違いと軌道修正を求めます。

しかし、この世は全てが相対的でありますから、「違うもの」は必ずしも「間違い」とは限りません。

人間の本能といいますものを無理に縛れば必ず悪しきものになってまいります。

子供を良くしたいと思う場合には、子供に自然に現れてくる働きには決して悪いものはないと思うようにすることが必要だそうです。

人間は神様の子供でありますから、悪しく見えておりましても必ず良くなると思っておりますと必ず良くなるものなのだそうです。

ある神職の方から、子供への対し方の一つをご披露頂きました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「蛍」の季節印8-1-R2.jpg
110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg
posted by miya at 05:34| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: