ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年08月29日

注連縄

注連縄に付きまて、ご質問を頂いております。

注連縄は、一般的に神域とそうでない場所を区別する結界の一つと云われます。

また、一説には注連縄と紙垂は雲と雨、そして稲光を表すともいわれます。

ところで、ご質問はどうして伊勢の神宮には、注連縄がないのかとの由です。

神宮は、注連縄の風習が広がる以前からの様式を守っておられるのかもしれません。

神宮では、神域全体が聖域であり、結界を示すものとして、鳥居や榊が使われています。

神宮でも、各神社の前でも、鳥居をくぐられるに際して、或いは、注連縄をくぐられるに際して、神様に敬意を示され、一礼をしてお入りなさるのがよろしゅうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「夏」と「葉月 納涼」の書置きの朱印8-1-R2.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg「蛍」の季節印8-1-R2.jpg「盛夏」と「カモメ」のミニの書置きの朱印8-1-R2.jpg
posted by miya at 07:51| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: