ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年09月03日

神様は怖れる対象ではない

ある神職の方から教えていただきました。

あたしたちは知らず識らず、神様を怖れの対象としがちです。

神様のばちが当たる、神様の逆鱗に触れるなどと怖れる方もおられます。

しかし、善の塊であります神様は、「バチ」や「逆鱗」など悪しき観念自体お持ちではありません。

それでは、どうして「バチ」などの観念が生まれたかと申しますと、それはあたしたち自身の良心が創り出したものであり、あたしたち自身が、意識的に、あるいは、無意識的に自らを罰し、自らにバチを与えているのだそうです。

あたしたちの過ちは、神様を怖れる対象としていることだそうです。

神様は常にあたしたちを見守り応援してくださる存在でありますので、怖れるのではなく、頼り、お願いする対象だそうです。

ただ、あたしたちが目上の方に対する時、畏敬をもって接するように、神様は何も求められませんが、神様に対して畏敬と感謝をもって接することは肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
9月の季節印「ススキと赤とんぼ」8-31-R2.jpg
110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg
posted by miya at 01:14| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: