ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年09月08日

希望は事実を凌駕する

一時、医療現場で、患者さんに全て事実を伝えた方が良いという方向に舵が切られました。

それには医療裁判のこと他様々な理由があったようです。

しかし、ただ事実を正確に伝えることが正しいとは言えません。

例えば、余命宣告をした方が良いのかどうかに付きまして、現在揺り戻しが来ており、伝えない方が良いという意見も多くなってきたと伺います。

とある高僧の方のマネージャーさんを存じ上げておりますが、生き仏様と称えられた高僧の方が、医師より余命宣告をされなさった時に、顔が真っ青になられたのを横でご覧になっていたそうです。

数々の修行をなさった高僧の方であっても言葉の力に動揺されることもあります。

シュレディンガーの猫で有名ですが、箱を開けるまでは猫が生きているか死んでいるかは、同じ確立となります。

同様に、希望を失わない限りは、希望は実現される可能性が必ず残ります。

様々な状況がありますから一概には言えませんが、何時までも希望を捨てないことが、あたしたちが神様からもらった潜在能力を発揮させる可能性を確保する要諦の様に思われます。

あたしたちは事実の前には弱いものですが、希望を抱き続けることが出来る限り、限りなく強くなれるのです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
9月書置きの朱印「鈴虫」と「長月 金木犀(キンモクセイ)」8-31-R2.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg令和二年 1月〜8月までの限定朱印、季節限定朱印 ミニ判9-5-R2.jpgミニの朱印帳9-5-R2.jpg9月の季節印「ススキと赤とんぼ」8-31-R2.jpg9月のミニ朱印「秋の七草」と「コスモスとコオロギ」8-31-R2.jpg
posted by miya at 02:27| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: