ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年09月13日

病気のことを考えずに身体に感謝する

ある神職の方から教えていただきました。

最近は、健康に対する意識が強くなっているのか、様々な検査がなされ、その検査に一喜一憂なさる方も多いようです。

その結果、以前に比べて病気が少なくなったかと申しますと、どうも事実は、決してそんなことはなく、寧ろ多くなっているのではとの由でした。

それは、何故かと申しますと、以前であれば、少し体調が良くなくても、疲れだと意識して睡眠をとるなどで対応しておりましたが、現在は、病気とすることが多くなっているからのようです。

しかし病気のことを考えなければ病気ではありません。

実際、胃潰瘍を発見して治療されると病気ですが、胃潰瘍であってもそれに気づかず、自分の免疫により、自然治癒している方も多いようです。

そのような方は病気と認識しなかったために、免疫がより効果的に働いていることが多いようです。

さすれば、明らかに重篤な病気でない場合には、病気のことを考えず、今・ここで、見事に動いている自分の身体に感謝することが肝要だそうです。

神様に素晴らしい身体を貸して頂いたことを日々感謝し、自分自身の身体に感謝することが何より重要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg9月の季節印「ススキと赤とんぼ」8-31-R2.jpg9月のミニ朱印「秋の七草」と「コスモスとコオロギ」8-31-R2.jpg
posted by miya at 03:22| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: