ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年09月20日

何事も中庸が重要:

「ねばならない」という厳重な想いがあたしたちを縛ることもあります。

「ねばならない」が行きすぎますとそれは決して良い結果を生みません。

昔から言われておりますように中庸が肝要です。

たとえば、最近は、病気を遠ざけるために自己免疫力を上げることが説かれます。

確かに、所詮薬は対処療法で、最終的には自己免疫で病気を治すしかありません。

しかしこの自己免疫も行き過ぎますと、今、安倍元首相が苦しんでおられる大腸炎の様に免疫が暴走し、自分自身を攻撃してしまうことになります。

努力をするととともに、それに執着しすぎず、中庸を目指すのが肝要です。

神様は善の塊であり、常に朗らかで、いつもあたしたちを見守って下さっております。

神様は、「ねばならなぬ」という執着は持たれません。

神様の子供のあたしたちも、同様に、目指し、しかも執着しすぎず、余裕をもって進むのが重要だそうです。

ある神職の方から教えていただきました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「お月見」「十五夜」書置きの朱印9-15-R2.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg9月の季節印「ススキと赤とんぼ」8-31-R2.jpg9月のミニ朱印「秋の七草」と「コスモスとコオロギ」8-31-R2.jpg9月書置きの朱印「鈴虫」と「長月 金木犀(キンモクセイ)」8-31-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg「お月見」「十五夜」のミニの書置きの朱印9-15-R2.jpg
posted by miya at 02:13| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: