ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年09月23日

光と雲

ある神職の方から教えていただきました。

人によって神様のご加護を受けやすい方とそうでない方があるように思われている方もおられるようですが、神様は人によって態度を変えるような度量の狭い方ではありません。

されに敷衍すれば、神様にお願いをしようがしまいが、神様はあたしたちみなを常に見守り善き智慧を与え続けて下さっているようです。

さすれば、なぜ日々神様に手を合わす必要があるかと申しますと、一つには神様の波長にあたしたちが合わせるためだそうです。

そして、もう一つには神様への感謝だそうです。

神様からの智慧は太陽からの光の様でして、光は絶え間なく届いておりましても雲がありますとその光が遮られます。

あたしたちの祈念はこの雲を祓い清めるものだそうです。

そして、神様への感謝は、その光をより受けやすくするものだそうです。

祈念は堅苦しいものでもありません。

寧ろ喜びであるべきものであり、神様を感じられることを喜び、そして神様からの絶え間ないご加護に率直に感謝すればよいのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg9月の季節印「ススキと赤とんぼ」8-31-R2.jpg9月のミニ朱印「秋の七草」と「コスモスとコオロギ」8-31-R2.jpg9月書置きの朱印「鈴虫」と「長月 金木犀(キンモクセイ)」8-31-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpg
posted by miya at 05:34| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: