ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年09月24日

魔法の言葉

ある神職の方から教えていただきました。

神道では、言霊と申しまして、言葉に宿る力に注目し、善き言葉を使う様に説きます。

しかし、難しいのは、良い言葉と思って用います言葉にも逆の効果を表す言葉もあるということです。

その中で、安心して用いられます言葉に、「大丈夫」という言葉があるそうです。

最近では、「大丈夫」よりも「平気」を用いられる方も多いようですが、自分や相手が最大級に「丈夫」である状態を示すこの言葉ですが、「丈夫」とは、「健康」で「頑丈」なさまを表す言葉として使われています。

また「夫」ですから、特に昔の日本では強く堂々とした男性、「益荒男(ますらお)」を指して言われていたようです。

しかも中国では、「丈夫」な男性を満たす条件は強く堂々としているだけでは足りず、豊富な知識や人望も兼ね備えた人をさすそうで、「菩薩」のことを意味したようです。

どのような境遇にありましても、「大丈夫」と云われますと、安心し、勇気が湧いてまいります。

実際、神様の子供であるあたしたちは神様に護られており、「大丈夫」なのだそうです。

「大丈夫」といって、その事を思い出させてあげる、魔法の言葉なのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg9月の季節印「ススキと赤とんぼ」8-31-R2.jpg9月のミニ朱印「秋の七草」と「コスモスとコオロギ」8-31-R2.jpg9月書置きの朱印「鈴虫」と「長月 金木犀(キンモクセイ)」8-31-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg
posted by miya at 01:50| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: