ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年09月26日

悪しきことが起こった時には

ある神職の方から教えていただきました。

善きことが起こりました時には、あたしたちは嬉しく、進むべき道が正しかったと確信できます。

問題は悪しきことが起こった時だそうです。

悪しきことが起こった時でも、神様を感じて、神様の視点に立った行動であれば、その悪しきことも良かったと心から想うことが良いそうです。

それは表面的には悪しきことであっても、そこには、結果的に大輪の花を咲かせる種子が仕組まれているのだそうです。

決して心配せず、否、これは、とても素晴らしい種子をもらったに相違ないので、ここにどんな素晴らしいことが隠れているのか一つ探してみようと前向きにとらえるのが良いそうです。

常に神様に近づくものは栄えるのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「お月見」「十五夜」書置きの朱印9-15-R2.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg9月の季節印「ススキと赤とんぼ」8-31-R2.jpg9月のミニ朱印「秋の七草」と「コスモスとコオロギ」8-31-R2.jpg9月書置きの朱印「鈴虫」と「長月 金木犀(キンモクセイ)」8-31-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg「お月見」「十五夜」のミニの書置きの朱印9-15-R2.jpg
posted by miya at 01:16| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: