ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年10月20日

受け入れるとは降参することではない

多くの宗教で、人生の困難や病気に遭遇した時、それを拒むのではなく、まず受け入れることが肝要であると説きます。

しかし、受け入れるとは、困難や病気に対しまして白旗を上げ降参することではありません。

受け入れるとは、降参することでも、困難から逃亡することでもなく、正面からの堂々と臨むことだそうです。

しかも悪しき状態に対峙するにあたり、あたしたちは神様の子供であるので、どのような敵であろうともあたしたちを駆逐することは出来ないとの確信を持つことが肝要だそうです。

受け入れ、今・ここでできることを一生懸命にすることにより、神様の救いの手が差し伸べられ、必ず悪しき状態が良き状態への種子と変容するのだそうです。

どのようなことが起こりましても堂々としておじけづかないことだそうです。

そして、実際将来の恐怖の9割は起こらないのだそうです。

ある神職の方から教えていただきました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月のミニの書置きの朱印「例大祭」と「りすとどんぐり」.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpg10月の季節印「どんぐり」.jpg10月の書置きの朱印「例大祭」と「神無月 りんどう」.jpg
posted by miya at 02:38| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: