ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年10月21日

袋背負いの心と笑顔

ある神職の方から教えていただきました。

「だいこくさま」こと大国主の命は大きな袋を背負って描かれます。

この袋の中には、八十神様たちのものが入っているとか、人々の苦労や心配事が入っているとか、いろいろな説がありますが、いずれにしてもいかにも重いものを背負われて歩いていかれます。

重要なのは、大国主命が、それを嫌がられて、苦痛の面持ちで歩かれるのではなく、不平不満を仰られず、何時も朗らかな笑顔を絶やさずに進まれるということだそうです。

いろいろなものをしょい込みながらも、それに凹むことなくそれを受け入れ、前向きに生きるということの重要性を示して下っているそうです。

そしてそういった前向きな生き方をすることによりまして、大国主命は、新たな幸運を引き込まれます。

あたしたちもこの大国主命の生き方に学びたいものです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月のミニの書置きの朱印「例大祭」と「りすとどんぐり」.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg10月の季節印「どんぐり」.jpg10月の書置きの朱印「例大祭」と「神無月 りんどう」.jpg
posted by miya at 04:30| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: