ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年10月22日

一霊四魂

「一霊四魂」(いちれいしこん)という言葉はご存知ですか。

神道でのあたしたちの魂についての考え方ですが、我が国の国学の四大人の一人であります、平田篤胤の弟子にあたる本田親徳(ほんだちかあつ)が説いておられる処によりますと、一人の人間には、神様と直結しました直霊(なおひ)と申します神様と直結しました一つの「霊」に四つの「魂」が宿り存在するそうです。

四つの魂とは、「荒魂」(あらみたま)、「幸魂」(さちみたま)、「奇魂」(くしみたま)、そして、「和魂」(にぎみたま)であります。

「荒魂」(あらみたま)には「勇」、「幸魂」(さちみたま)には「愛」、「奇魂」(くしみたま)には「智」、そして、「和魂」(にぎみたま)には「親」の働きがあると説いておられます。

そして、直霊(なおひ)が四魂をコントロールするお役目があるとしています。

この直霊(なおひ)は、あたしたちの本体である、神様の魂のかけらともいえます。

このように意識しながら、四つの魂を活かしきって人生を送るのが良いそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月のミニの書置きの朱印「例大祭」と「りすとどんぐり」.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg10月の季節印「どんぐり」.jpg10月の書置きの朱印「例大祭」と「神無月 りんどう」.jpg
posted by miya at 07:19| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: