ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年10月26日

神道と死生観

多くの宗教では、魂の永遠性を説くと共に、死後の世界を述べ、死の恐怖を取り除くことをその大きな使命と考えております。

一方、目を神道に向けますと、神道では、死や死後の世界は、死んだら分けることですから、今死後のことに時間を取るよりも、今生きているこの世を如何に生きるかに重点を置きます。

それは、神道の中今の精神の重要視にもつながります。

死後に幸せを求めるのではなく、この世に天国をどのように創出するかに重きを置いているわけです。

多くの宗教にあっても、とても面白い考え方であります。

その一方、人間はやはり死は最も恐ろしく、その恐怖にさいなまれる方もおられます。

死の恐怖に取り込まれた時には、今ここに生きていること自体奇跡の累積であり、さすれば、魂は決して死なないという奇跡も真実であるので、死などを恐れなくてよいと自分に言い聞かせ、今先ずできることに集中するのが良いそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月の書置きの朱印「例大祭」と「神無月 りんどう」.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg10月の季節印「どんぐり」.jpg
posted by miya at 02:08| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: