ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年10月28日

数字の不思議と力

数字はとても不思議です。

そのため、ピタゴラスは、数字がこの世をすべて司るとさえ考えました。

今、みなが使っている音階も、数字の法則によって生み出されました。

石上神宮に伝わる、おまじないには、数字を一から十まで数えるものがあります。

数字の力を感じさせるものです。

これは、多くの神社にも伝わり、祝詞の中に、一から十まで唱えられる神職の方もおられます。

ゲマトリアしかりで、数字の中に意味を取られるもの、また数字による占いも多いようです。

「四」は、「死」、「九」は「苦」につながるとして嫌うところがある一方、ピタゴラスは4を最高の数字と考え、また陰陽道では、9は奇数を陽と考えその最大の数のために最高の数と考えるなど、それぞれの数字は素晴らしかったり悪かったりで、定まっていません。

実際神様が創られた数字は全て必要で、悪しきものはないそうです。

普段何気なく使っている数字に注目して、その力をお借りしたいものです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月の書置きの朱印「例大祭」と「神無月 りんどう」.jpg
qr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg10月の季節印「どんぐり」.jpg
posted by miya at 01:55| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: