ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年11月18日

塩での浄め

ある神職の方から教えて頂きました。

世界の宗教の中で、神道とユダヤ教は、塩で浄める共通項があるそうです。

「古事記」には、黄泉の国から戻られた伊弉諾尊(いざなぎのみこと)がご自身の身体に付いた死の穢れを祓うために、海水で身を清められたことが書かれております。

そして、後世、海水から抽出したお塩を使ってお清めが行われるようになったようです。

存じ上げている神職の方は、常にビニール袋に神様にお供えした塩を下げられたものである撤下塩を入れて気になった時には、祓うために持っておられます。

気持ちがすぐれないときには、湯船に撤下塩と日本酒を癒えて入浴されるのも肝要です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
限定朱印「新嘗祭」と「霜秋」(そうしゅう)11-1-R2.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpg書置きのミニ朱印19種9-12-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpgおかげ犬10-29-R2.jpg「柿」と「紅葉」季節印11-1-R2.jpgミニ朱印「秋色」と「ふくろう」11-1-R2.jpg
posted by miya at 07:09| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: