ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年11月21日

鏡は毎日ご覧になられますか?

女性の方は、毎日ご覧になられる方が多いと思われますが、男性の方も、毎日ご覧になられるのが良いそうです。

神道では鏡を大切に扱います。

天照大御神様が天岩戸からお出ましになられる時、八咫鏡が用いられ、天孫降臨の際には、天照大御神様が、ご自身を祀るが如くに鏡を祀るようにと述べられます。

八咫鏡他、神様の依代として鏡が用いられることが多く、神棚の前にも鏡を置きます。

この鏡は依代であると同時に、拝むものが、おのが姿を映して自分を律するという意味もあるそうです。

国学の四大人の一人、平田篤胤は、人相が悪いと云われたため、毎日鏡を見て、人相を良くしようとなさった由です。

毎日、鏡を見て自分を律し、笑顔を鏡に映して、いつもその笑顔を思い出し、嬉しい時は当然として辛い時にもその笑顔を思い出して、笑顔になることが、辛さを追いやり、幸運を引き寄せる要諦だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
限定朱印「新嘗祭」と「霜秋」(そうしゅう)11-1-R2.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpg令和二年の暦9-9-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg「柿」と「紅葉」季節印11-1-R2.jpgミニ朱印「秋色」と「ふくろう」11-1-R2.jpg
posted by miya at 06:29| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: