ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年11月22日

何もないのが本当の幸せ

ある神職の方から教えて頂きました。

あたしたちは、奇跡が起こった時に神様の存在を確信しがちです。

しかし、あたしたちが改めて意識すべきことは、何もない平凡な毎日がどれだけ幸せなことかということだそうです。

あたしたちが本当の幸せに気づくとき、そして神様の存在を確信するとき、それは、何事もないこと、そのこと自体がそのまま本当に有り難いということがわかるときだそうです。

多くの宗教で説かれていますように、神様は単純なものを好まれます。

奇跡を求めるのはまだ神様を信じていない証拠だそうです。

何の変哲もない普通のものやことに神様は偏在なさるのだそうです。

今・ここで息が出来ていることにどれだけの奇跡の集積があるかを意識すべきだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
限定朱印「新嘗祭」と「霜秋」(そうしゅう)11-1-R2.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女絵馬・御鏡・祝箸4-15-R2.jpgお守りと大祓詞プレイト4-15-R2.jpg巫女ファイル・絵馬・しおり7-30-R2.jpg巫女朱印帳・朱印袋・ストラップ・お百度帳7-30-R2.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpgおかげ犬10-29-R2.jpg「柿」と「紅葉」季節印11-1-R2.jpgミニ朱印「秋色」と「ふくろう」11-1-R2.jpg
posted by miya at 09:12| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: